New! 10月イベント「母川回帰シリーズSessions」

トークイベント
「母川回帰シリーズSessions×駒沢vegebon」

イベントのお知らせに
アクセスしてくださりありがとうございます

「母川回帰 」
ぼせんかいき とは

海で成長したサケやマスが
生まれた川へ還る
産卵のために還ることを意味する言葉

私たちは鮭ではなく
ヒトですが
母川回帰にあてはめて考えてみよう
私たちが
目指している”源流”はどこだろう

そもそも私たちは
何を求めて生きているのだろう

佐久間さんと稻垣さんが展開される
16回目のトークイベント
「母川回帰シリーズ」

今回は
“肯定する力” について展開していきます

タイミングが許せば
何の準備もせずに
どうかそのままのあなたでいらしてください

*日時
10月19日(月)12:00〜15:00
お食事ドリンク付き¥5,500

参加希望の方は
下記をコピーして必要箇所を加えて
1. お名前
2. 電話番号
3. ( )名

こちらまでメッセージをお願いします
vegebon@sweet.ocn.ne.jp

お一人様でも
モチロンお二人様でも
ご参加くださったら嬉しいです
よろしくお願いします!

母川回帰メインスピーカー
佐久間 寬厚
1977年石川県生まれ。
16才の頃から様々な障害を持つ人達との共同生活をおくる中で心と認識の知られざる領域を探求する。
生命の原点へと、心に深く潜っていく営みを《場》と名付け、その独自の観点とセンスから「関わる」ことで相手の自発的創造性をひらいてゆくという未だジャンルなき仕事を確立する。
現在、ダウン症のある人達のためのプライベートアトリエ、アトリエ・エレマン・プレザン東京代表。
ダウン症の人達の制作環境をつくると共に、彼らの優れた感性と調和の文化を社会へと伝えることをミッションに様々な活動を行なっている。
2019年、《場》のライフワークの一環として《母川回帰》プロジェクトを立ち上げる。
生命の輝きへの、飽くなき探求心にもとづく一連の活動は、人の心の可能性を驚くべき形で提示し、本来の姿を思い出させてくれる。

目を閉じて
耳を澄ませよう

きっとたいせつなことが動き出すから
きっとたいせつなことを思いだすから

PAGE TOP